ベビーソープとベビーシャンプーは何が違う?

ベビーソープという商品とベビーシャンプーという商品があったりして一体何がどう違うの?疑問に思われている方もいることでしょう。

ここではベビーソープとベビーシャンプーの違いについてざっくりとご説明したいと思います。

髪も皮膚もタンパク質でできているということは同じだったりしますが、見た目が違うとおり、髪と皮膚は違う部分が当然あります。

また、髪に対しては女性など特に特別な思い入れがあったりもします。
例えば、洗った後のサラサラ感、艶感、指通り感などが求められたりします。

そのため、お肌と髪とでは求められるものが異なるので配合される成分が異なったりします。

つまり、ベビーソープとベビーシャンプーの違いは何かというと、
ベビーソープはお肌を洗うため、ベビーシャンプーは髪を洗うために配合成分が厳選されているという違いです。

ベビーソープで頭から足のつま先まで全身洗うことはできますが、少し髪にきしみが出たりすることがあります。

髪よりもお肌に重きを置いているのでベビーソープできしみが出るのは仕方がないとも言えます。
髪のきしみを抑えるには例えばポリクオタニウム-10のような成分を配合します。

お肌には特に必要のない成分なのでお肌を洗うためのベビーソープには配合されていなかったりします。
ベビーシャンプーの場合には逆にポリクオタニウム-10のような成分が配合されていたりします。

また、髪には良い香りを求める場合もあります。
そのため、ベビーソープに比べベビーシャンプーの方が香り付きのものが多いように思います。
実際に香り付きとそうでないものをベビーソープとベビーシャンプーで比較したわけではないので、あくまでも予想ですが、おそらくそうなると思います。

たまにベビー全身シャンプーという商品があったりします。
シャンプーという名前が付いているけど全身用としてお使いくださいという商品です。

ベビー全身シャンプーはベビーソープよりだと考えていいと思います。
結局のところ、ベビーソープは赤ちゃん用ボディソープのことで、ベビーシャンプーは赤ちゃん用シャンプーを表し、主な対象が皮膚か髪かの違いなので、それぞれのケアに適した成分が入っていると解釈しましょう。

ベビーソープとベビーシャンプーどちらも全身洗いに使えますが、全身に使うこと前提であれば、ベビーソープをおすすめします。理由は髪を考慮した成分が入っていない分お肌にやさしい傾向がベビーソープにあるからです。

ベビーソープと一緒に良質なベビーローションも使うのがオススメ

ベビースキンケアを考える上で、ベビーソープだけとか、ベビーローションだけといった使い方はあまりおすすめできません。

使うのであれば、ベビーソープとベビーローションの両方を使ってケアしてあげるのがオススメです。

どうしてベビーソープとベビーローション両方を使う必要があるかについて説明したいと思います。

まず、赤ちゃんから大人までスキンケアの基本となるのは「清潔」と「保湿」です。

清潔と保湿が保たれているとお肌を健やかな状態に導いていくことにつながります。

もちろんスキンケアだけで健やか肌を維持できるかといえば、答えはノーですが、6~7割はスキンケアが関係しています。

そして、清潔と保湿に役立つのがベビーソープとベビーローションです。

ベビーソープでお肌についた汚れを落とし清潔に保ち、
ベビーローションが清潔で乾燥しやすくなった入浴後のお肌を保湿します。

ベビーソープとベビーローションはそれぞれ役割が異なり、どちらかだけでは赤ちゃんのお肌にとって十分なケアができないというわけです。

もちろんベビーソープだけしか使っていなくて、お肌の乾燥がひどくてベビーソープをお肌に優しく、潤いキープ力も高いものに変えればそれなりに変化は表れると思います。

ですが、ベビーソープだけでは保湿面で十分とは言えず、ベビーローションも併用することで初めて赤ちゃんのお肌を適切にケアできます。

そしてベビーローションを選ぶ際には良質なものを選ぶことが大切です。

良質なベビーローションとは何かといいますと、こだわりの詰まったベビーローションを選ぶことではなく、バランスのとれた保湿力、そして何より大切なことはお肌に負担となる成分がどれだけ使われていないかの無添加度合いです。

どんなベビーローションであってもベビーソープよりは保湿力が高いわけで、保湿という目的であれば、どれでも叶えることができます。

ただ、赤ちゃんのデリケートなお肌に対してはただ保湿だけできれば良いというわけでなく、保湿する際のベビーローションがお肌への負担となり、乳児湿疹などの肌トラブルにつながらないようになるべく低刺激なベビーローションを選ぶことが必要不可欠なのです。

基本的に低刺激という基準においてはベビーソープもベビーローションも同じです。
洗う・保湿すると役割は違えど赤ちゃんのお肌に触れるものなので、なるべくお肌にダメージを与えないようやさしいベビーソープとベビーローションを使ってあげましょう。

ママの為のお肌への優しさにこだわったベビーソープ選び

子供が産まれたら揃えなきゃいけないものはたくさんあります。
その中の一つがベビーソープですが、
ベビーソープの選び方は皆さんどうされていますか?

何を選ぶ基準にするのかで選び方は変わってきますので、
今回は「赤ちゃんのお肌への優しさ」を重視したベビーソープの選び方についてお話ししたいと思います。

赤ちゃんのお肌はとってもデリケートで有名なので、
すぐ乳児湿疹などの肌トラブルにみまわれます。

新陳代謝が活発だから赤ちゃんの頭とかってすぐ汗臭くなりがち。
だから香り重視なベビーソープとかを選びたい気持ちはわかります。

でも天然の香料ならまだしも合成香料はお肌にとってのメリットは皆無なので、
お肌のことだけを考えるなら必要のない成分なんですよね。

とはいっても選び方は人それぞれ、お子様のお肌があまり乳児湿疹等のトラブルができにくいということであれば、
お肌に優しいベビーソープの中でもアロマの香りとかが香るようなものを選ぶというのは良いと思います。

毎日使うものなので、どれくらい持つのかとか、価格とかも気になりますよね。
とにかく安いベビーソープを!と選んでいると赤ちゃんのお肌がトラブル続きで結局病院に連れていく時間と薬代といった費用が発生したりして安いんだか高いんだかわからない状態になってしまうこともありますので、
赤ちゃんのお肌が健やかでいられるようなベビーソープ選びを是非してあげて欲しいと思います。

ベビーソープに香りは必要?

赤ちゃんのデリケートなお肌を洗うために使うベビーソープ。

そのため、なるべくシンプルなものを選びたいママも多いのが実際のところ。

そうなると香料による香りを不要と考えるママも多いようです。

確かに合成香料はお肌にとって必要かどうかというと必要な成分ではなく、
むしろお肌への負担となりえる成分です。

合成香料ではなく、天然由来の香料ならどうなのでしょうか?
天然の香料で代表的なものといえば、アロマエッセンシャルオイルです。

ラベンダーの香りやネロリの香りなどなど、
アロマの香りが楽しめます。

考え方は色々あると思いますが、
例えば、ラベンダー油を配合して、お肌の状態を整えることを目的としているのであれば良いと思いますし、
なんとなく香り付けのために配合しているのであればいらないのでは?と思います。

ベビーソープとしてこのような製品を作りたいという想いのもと必要と判断し、配合した成分であれば、必要な成分ですので、アリだと思いますが、そうでなく香りをただつけたいだけなら不要だと思います。

ただ、これはあくまでも赤ちゃんのお肌への負担を基準で考えた際の選び方です。
シャンプー選びに香りを重視する女性が多いのと同じように、選び方として香りのあるベビーソープを選ぶというのは人それぞれです。

結局のところ、何を基準にベビーソープを選ぶかという点につきると思います。

香りなのか、優しさなのか、使いやすさなのか、価格の安さなのか。

今回の場合でいいますと、優しさを重視した場合には
合成香料入りのベビーソープはナシで、天然香料は目的のために必要な成分として配合されていればアリということになります。

ドルチボーレベビーソープの口コミや評判

最近インターネット通販で人気が上がってきているベビーソープといえば、ドルチボーレです。

赤ちゃんのお肌への優しさと赤ちゃんのお肌の特徴を押さえた必要な成分を厳選して作られているベビーソープということで、そのこだわりを支持し愛用しているママやパパも多いようです。

しかも赤ちゃんだけではなく、お肌が弱い方や肌トラブルにお悩みの大人の方からも支持されています。

口コミを見ていると評判の理由はお肌に対する刺激の無さとしっとり感のようです。

ドルチボーレを使いだしてから肌トラブルの悩みが改善されたという声もあります。

ベビーソープは薬ではないので、直接肌トラブルを改善するようなことはありませんが、
お肌に負担を与えずに、乾燥から守るといったシンプルかつ根本的なお肌のためのケアによって
お肌の状態が少しずつ健やかな状態へと導かれていくことによりそういった肌トラブルの軽減につながっているのではないでしょうか?

ドルチボーレにおいてはベビーソープのベースとなる水にこだわっています。
ベビーソープの内容量の半分以上は水です。
その水に九州の佐賀県にある雷山で採水された非加熱の天然水を使用しています。

非加熱天然水のメリットとしては、加熱をしていないことによって自然界から溶け込んだ栄養が豊富であることですが、もっというと加熱しなくても良いその原水の品質の良さが一番の特徴といえます。

さらにはまだそこまで有名ではありませんが、徐々に注目度が高まっているミネラルの珪素(ケイ素)も配合されています。これはただの珪素ではなく、水溶性珪素です。

こういった一つ一つのこだわりがドルチボーレの品質を高めているのでしょう。

気になる口コミ・評判情報は下記をご参考に!
ドルチボーレベビーソープの口コミ・評判
ドルチボーレベビーソープ3個セットの口コミ・評判

ベビーソープで肌トラブルを解消

ベビーソープの選び方次第で肌トラブルを解消とまではいかなくても症状が緩和する可能性は十分考えられます。

もちろん医薬品ではありませんので、肌トラブルそのものを治すことはできませんが、そのかわりにベビーソープはお肌のコンディションを整えるためのケアはできます。

実際問題毎日のスキンケアにおいて大切なことはこのお肌のコンディションを整えるケアとなります。

医学でも病気になってから治療するよりも、予防医学を推奨する傾向が高まっています。

赤ちゃんのお肌にとっても乳児湿疹などができてから、治療するよりも乳児湿疹ができにくい健康的なお肌の状態を維持することに努める方が良いわけです。

肌に優しいベビーソープに変えることによって結果的に肌の状態が良くなり、肌トラブルの症状が治まることはあります。

それは乳児湿疹などの肌トラブルの原因が肌のコンディションの悪化によるものが大半だからです。
もちろんアレルギーによる場合もありますが、多くの場合、ニキビなら皮脂、汗疹は汗などお肌への刺激や負担が掛かりトラブルへとつながっていきます。

だからこそベビーソープ選びがとても重要となります。
大切な我が子がいつもきれいで健やかなお肌でいられるようにママやパパには赤ちゃんのためとなるベビーソープ選びをして頂きたいと思います。

乳児湿疹の対策におすすめなケア方法

乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんが一度は経験するものだと思います。

乳児湿疹というのは乳児の頃にできるお肌の湿疹の総称です。
乳児の頃によくできる湿疹の種類としてはあせも、おむつかぶれ、新生児ニキビ、乳児脂漏性湿疹、アトピーなどがあります。食べ物などのアレルギーによって起こる湿疹もあります。

汗疹は汗が原因ですし、おむつかぶれはおむつのお肌の間の環境の悪化、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹は皮脂、アトピーはただの肌トラブルというよりはお肌の病気なので原因も多岐にわたります。

但し、こういった原因も症状も異なる乳児湿疹ではありますが、必要なケアはごくごくシンプルです。
スキンケア自体が薬でもなんでもありませんので、できること自体が限られているというのもありますが、
実は基本的なスキンケアがとても大切です。

乳児湿疹だからといって特別なケアをしなければならないわけではないのです。
病院でもらった薬などを使いながら、おうちではお肌をきれいに清潔に保つことが最も大切です。

それ以外に必要なことは2つあります。
一つはお肌に刺激をなるべく与えないこと。
もう一つはお肌を乾燥させないこと。
です。

どうでしょうか?難しいですか?清潔にする。刺激を与えない。保湿してあげる。の3つを心掛けることがどんな高級美容成分に頼ることよりも効果的です。

赤ちゃんのお肌に余分なケアは必要ありません。
超高級美容成分は赤ちゃんに必要ないのです。
それよりも赤ちゃんのお肌に必要なケアだけをシンプルに行うことのほうがおすすめです。

それが先ほどの清潔・低刺激・高保湿です。
本当にそれだけでいいのか?
いいのです。

赤ちゃんのお肌は皮膚が薄いので刺激に弱く乾燥しやすいという特徴があるので、
特に清潔・低刺激・高保湿は赤ちゃんのスキンケアとして理にかなっているのです。

乳児湿疹のケアにおすすめの商品や乳児湿疹のケアに役立つ情報が載っているサイトはこちら
乳児湿疹のおすすめケア

ベビーソープはどのようにして比較するのか?

ベビーソープの選び方は人それぞれです。
とにかく赤ちゃんの肌に優しく、乳児湿疹などの肌トラブルから守ってあげるためのベビーソープといい香りで癒されながら赤ちゃんとのバスタイムを楽しみたい方のためのベビーソープとオーガニックにこだわる方のベビーソープなどはそれぞれ違います。石鹸にこだわる方もいるでしょう。

赤ちゃんのお肌に優しいベビーソープを選びたいのであれば、
ベビーソープのどういった部分を比較すればいいのかといいますと、
成分です。

ベビーソープは成分の集まりでできていますので、成分を見て選ぶのがおすすめです。

赤ちゃんのお肌を乳児湿疹などの肌トラブルから守ってあげたい場合、
赤ちゃんのお肌にとって必要なケアは
特に低刺激であることと保湿力です。

つまり、お肌への刺激と保湿力を比較すれば良いベビーソープに巡り合える可能性が高くなります。

お肌への刺激となるのは一番は洗浄成分です。そしてそれ以外の防腐剤、変質防止剤(キレート剤)などです。
成分をチェックする際には良い成分よりもお肌にとって良くない成分を確認することをおすすめします。
全部の成分を把握するなんてことはなかなかできるものではありません。
お肌にとって良くない成分はある程度決まっています。
何を確認するかというと「無添加」です。どんな成分が無添加となっているかを確認します。

保湿力は保湿成分の数と種類を確認しましょう。
保湿成分でお肌に良くない成分というのはあまりありませんが、
お肌に馴染みやすい(合いやすい)かどうかは保湿成分の種類によって変わってきます。

例えばセラミドは人の皮膚にも存在している保湿成分です。他にもヒアルロン酸やアミノ酸、PCA-Na、ミネラル、尿素などもお肌に存在している保湿成分です。

こういった保湿成分だとデリケートな赤ちゃんのお肌にも馴染みやすいでしょう。

ベビーソープの保湿力や刺激などによって比較&解析しているサイトがありますのでご紹介します!
赤ちゃんにおすすめのベビーソープ比較解析サイト

赤ちゃんの肌の特徴から選ぶベビーソープ

ベビーソープの選び方は様々だと思いますが、選び方の一つとして赤ちゃんのお肌を守るための選び方があると思います。

赤ちゃんのお肌を守るにはどうしたらいいのかといいますと、まずは赤ちゃんの肌の特徴を知ることから始めなければなりません。

赤ちゃんのお肌はご存じの方も多いと思いますが、
何と言ってもデリケートです。

その理由は赤ちゃんのお肌の皮膚の厚さが大人の半分ほどしかないからです。

皮膚が薄いと当然ながら外からの刺激には弱くなってしまいます。
ペラペラの紙と厚紙とで強度が全然違うことを思い浮かべてもらえばお分かり頂けると思います。

そして赤ちゃんの肌の特徴の2つ目として乾燥しやすいということがあります。

これも皮膚の薄さと関係しています。

最後に赤ちゃんは代謝が活発で肌の表面が汚れやすいということが挙げられます。
いわゆる垢もよくでますし、汗もよくかきます。そういったお肌の汚れを綺麗にしてあげることも必要です。

以上のことから、赤ちゃんのお肌の特徴にあったベビーソープというのはしっかりと汚れを落とす洗浄力は持ちながらお肌への負担をかけず、潤いを残しながらしっとりと洗えるようなベビーソープといえます。

これはあくまでも赤ちゃんのお肌を健やかに保ちトラブルから守る為のベビーソープの選び方となります。

お肌に優しいベビーソープ選びの2つのポイント

新米ママさんやパパさんはわが子のためにできる限りお肌に優しいベビーソープを選んであげたいと思いますよね。

そんなママやパパのためにお肌に優しいベビーソープを選ぶ為のポイントを2つ紹介します。

一つ目は「配合成分で選ぶ(特に洗浄成分)」
二つ目は「保湿力で選ぶ」

この2つのポイントをベビーソープを選ぶ際に抑えておいてほしいと思います。

どうして成分が大切かというと、
ベビーソープもボディソープもシャンプーもあらゆる化粧品は成分を組み合わせて作られているからです。
そんな化粧品の中でもベビーソープやボディソープ、シャンプーなどといった洗浄剤は
洗浄成分(界面活性剤)が使用されています。

そして、洗浄成分はベビーソープやボディーソープ、シャンプーに配合されている成分の中でも水の次に多く配合されていることがほとんどです。

配合量が多いということはその商品に及ぼす影響も大きくなります。
そして、洗浄成分はピンキリです。
お肌に優しく潤いまで与えてくれる成分もあれば、刺激が大きくお肌に必要な皮脂までも根こそぎ洗い流してしまう成分まであります。

赤ちゃんのお肌に優しいベビーソープを選ぶにはお肌に優しい洗浄成分のベビーソープを選ぶことが大切です。
また、赤ちゃんのお肌は大人とは違って乾燥しやすいといった特徴があります。
そして、皮膚が薄くデリケートなので敏感肌や乾燥肌になりやすいのです。

そんな赤ちゃんにはお肌の機能を正常に保つためにも保湿は大切です。
お肌をしっかりと保湿してくれる保湿力の高い保湿成分が配合されているベビーソープを選びましょう。

お肌に優しい洗浄成分の見分け方や保湿成分に関する情報は下記サイトを参考にしてください。
お肌に優しいベビーソープの選び方