ベビーソープとベビーローションどちらがベビースキンケア選びで重要?

赤ちゃんのお肌のケアといえば、
洗うと保湿するの2つがあり、
洗うはベビーソープ、保湿はベビーローションやベビーオイルとなります。

ベビースキンケアをなぜ行うかというと、
なんとなく周りのママがしているからという場合もあるかもしれませんが、
基本的には乳児湿疹などの赤ちゃんの肌トラブル予防のために行います。

一般的に乳児湿疹ケアとして注目を浴びているのはベビーローションではないでしょうか?
なのでベビーローションの方がベビースキンケアにおいて重要!
というわけではありません。

結論からいうとベビーソープもベビーローションもどちらも重要であり、
それぞれの役割があります。

保湿という機能においてもベビーソープとベビーローションでは意味合いが異なります。

というのもベビーソープは基本的に洗い流すケアです。
お肌の余分な皮脂や汗、その他のホコリなどの汚れを洗い流します。

皮脂というのは乾燥を防ぐための保湿効果がありますが、
それを洗い流すのでベビーソープで洗うことは乾燥させやすいということになります。

ではベビーソープの保湿力というのは何かというと、
余分な皮脂は洗い流すけど落としすぎず、潤いを残すことです。

ベビーソープにも保湿成分は配合されていますが、
洗い流してしまうので、塗りっぱなしのベビーローションなどに比べると保湿成分による保湿力はどうしても劣ってしまいます。

ですが、皮脂を根こそぎ洗い流してしまう洗浄力の強いベビーソープではなく、必要な潤いを残して洗ってくれる優しいベビーソープであれば、入浴後の赤ちゃんのお肌の乾燥も防げたりします。これも保湿ですよね。

ベビーソープの目的はお肌の清潔にあるので、目的を果たしつつ低刺激で潤いを残してくれるベビーソープがおすすめです。

ベビーローションの場合は乳液タイプのものが多く、
水分と油分両方を持ち合わせているものが多くなっています。

水分をお肌の角質層に浸透させ、油分で閉じ込め乾燥を防ぐという機能です。

水分重視だと化粧水タイプになりますし、油分重視だとクリームタイプやオイルとなります。

赤ちゃんの肌はお風呂上りなどは特に乾燥しがちです。
潤いを残して洗い上げてくれるベビーソープを使っていたとしても皮膚が薄い赤ちゃんの肌は乾燥しやすい特徴があります。

なので、必要な潤いを補うためにベビーローションを使って保湿ケアしてあげましょう。

ただし、ベビーソープよりも配合成分には注意が必要です。
なぜならベビーローションはベビーソープと違い洗い流すものではなく、お肌に残るからです。

ベビーソープでも成分はとても大切ですが、ベビーローションはベビーソープ以上に配合成分に注目して選ぶことをおすすめします。

以上のことから、乳児湿疹などの肌トラブルを予防するためのベビースキンケアにおいては、ベビーソープ選びもベビーローション選びどちらも重要ということになります。

清潔を保つためのベビーソープと潤いを補うベビーローションはどちらも赤ちゃんのお肌を健やかに保つために欠かせない化粧品といえます。

コメントする