ベビーソープはどのようにして比較するのか?

ベビーソープの選び方は人それぞれです。
とにかく赤ちゃんの肌に優しく、乳児湿疹などの肌トラブルから守ってあげるためのベビーソープといい香りで癒されながら赤ちゃんとのバスタイムを楽しみたい方のためのベビーソープとオーガニックにこだわる方のベビーソープなどはそれぞれ違います。石鹸にこだわる方もいるでしょう。

赤ちゃんのお肌に優しいベビーソープを選びたいのであれば、
ベビーソープのどういった部分を比較すればいいのかといいますと、
成分です。

ベビーソープは成分の集まりでできていますので、成分を見て選ぶのがおすすめです。

赤ちゃんのお肌を乳児湿疹などの肌トラブルから守ってあげたい場合、
赤ちゃんのお肌にとって必要なケアは
特に低刺激であることと保湿力です。

つまり、お肌への刺激と保湿力を比較すれば良いベビーソープに巡り合える可能性が高くなります。

お肌への刺激となるのは一番は洗浄成分です。そしてそれ以外の防腐剤、変質防止剤(キレート剤)などです。
成分をチェックする際には良い成分よりもお肌にとって良くない成分を確認することをおすすめします。
全部の成分を把握するなんてことはなかなかできるものではありません。
お肌にとって良くない成分はある程度決まっています。
何を確認するかというと「無添加」です。どんな成分が無添加となっているかを確認します。

保湿力は保湿成分の数と種類を確認しましょう。
保湿成分でお肌に良くない成分というのはあまりありませんが、
お肌に馴染みやすい(合いやすい)かどうかは保湿成分の種類によって変わってきます。

例えばセラミドは人の皮膚にも存在している保湿成分です。他にもヒアルロン酸やアミノ酸、PCA-Na、ミネラル、尿素などもお肌に存在している保湿成分です。

こういった保湿成分だとデリケートな赤ちゃんのお肌にも馴染みやすいでしょう。

ベビーソープの保湿力や刺激などによって比較&解析しているサイトがありますのでご紹介します!
赤ちゃんにおすすめのベビーソープ比較解析サイト

コメントする