乳児湿疹の対策におすすめなケア方法

乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんが一度は経験するものだと思います。

乳児湿疹というのは乳児の頃にできるお肌の湿疹の総称です。
乳児の頃によくできる湿疹の種類としてはあせも、おむつかぶれ、新生児ニキビ、乳児脂漏性湿疹、アトピーなどがあります。食べ物などのアレルギーによって起こる湿疹もあります。

汗疹は汗が原因ですし、おむつかぶれはおむつのお肌の間の環境の悪化、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹は皮脂、アトピーはただの肌トラブルというよりはお肌の病気なので原因も多岐にわたります。

但し、こういった原因も症状も異なる乳児湿疹ではありますが、必要なケアはごくごくシンプルです。
スキンケア自体が薬でもなんでもありませんので、できること自体が限られているというのもありますが、
実は基本的なスキンケアがとても大切です。

乳児湿疹だからといって特別なケアをしなければならないわけではないのです。
病院でもらった薬などを使いながら、おうちではお肌をきれいに清潔に保つことが最も大切です。

それ以外に必要なことは2つあります。
一つはお肌に刺激をなるべく与えないこと。
もう一つはお肌を乾燥させないこと。
です。

どうでしょうか?難しいですか?清潔にする。刺激を与えない。保湿してあげる。の3つを心掛けることがどんな高級美容成分に頼ることよりも効果的です。

赤ちゃんのお肌に余分なケアは必要ありません。
超高級美容成分は赤ちゃんに必要ないのです。
それよりも赤ちゃんのお肌に必要なケアだけをシンプルに行うことのほうがおすすめです。

それが先ほどの清潔・低刺激・高保湿です。
本当にそれだけでいいのか?
いいのです。

赤ちゃんのお肌は皮膚が薄いので刺激に弱く乾燥しやすいという特徴があるので、
特に清潔・低刺激・高保湿は赤ちゃんのスキンケアとして理にかなっているのです。

乳児湿疹のケアにおすすめの商品や乳児湿疹のケアに役立つ情報が載っているサイトはこちら
乳児湿疹のおすすめケア

コメントする