赤ちゃんの乾燥しがちな肌をしっとり保湿する無添加ベビーソープ

赤ちゃんのお肌は乾燥しやすいのです。
そして、まだ完成されていないお肌だからとてもデリケート。つまり肌への負担に敏感です。

産まれて1ヶ月以内の新生児でも保湿は大切です。
新生児の場合は沐浴時に沐浴剤を使用することが一般的ですが、新生児の時からベビーソープを使う方もいるようです。それこそ新生児のお肌はよりデリケートなのでお肌に使用するものは肌への負担の少ない優しいものを選びましょう。

生後1年以内の乳児にはしっとりと潤うベビーソープと保湿のベビーローションでしっかりと乾燥肌対策をしてあげましょう。

お肌に乾燥はお肌にとって良くありません。
大人の方のニキビも直接の原因は皮脂の過剰分泌などですが、皮脂が過剰に分泌される原因の一つとしてお肌の乾燥が挙げられます。お肌が乾燥するから、なんとかしようとして皮脂を多く分泌するわけです。

そもそもお肌は潤いによって守られていますので、乾燥してしまうと刺激に弱くなってしまいます。
健やかなお肌の状態を保つためにも潤いと保湿は欠かせないケアです。

入浴時に使用するボディソープやベビーソープによって皮脂が洗い流されるので、入浴後は乾燥しがちになります。特に赤ちゃんに使うベビーソープはお肌に潤いを残してくれるベビーソープがオススメです。

さらにいえば、無添加であること、お肌に優しいことが一番です。
そんな潤いを残しながらお肌に優しく洗い上げてくれる無添加ベビーソープがドルチボーレです。

ベビーソープとベビーシャンプーは分けて使うものなのか疑問に思っている人も多いようですが、
基本的にはベビーソープは全身頭から足先までまるごと洗えます。

ドルチボーレの公式サイトはこちら⇒赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販サイト

コメントする