ベビーソープは乳児湿疹のケアに役立つの?

乳児湿疹のケアとしてママたちの頭によぎるのは保湿ケアかと思います。

保湿ケアというとベビーローションとかベビーオイルですね。

なので、乳児湿疹対策としてベビーローションがよくオススメされています。

ですが、ベビーローションだけでなくベビーソープ選びも乳児湿疹ケアにおいて大切だと知っている方は多くないはずです。

なぜベビーソープ選びが乳児湿疹ケアに関係してくるのでしょうか?

それは乳児湿疹ができにくいお肌である健やかなお肌でいるために大切なことが
保湿ケアだけでなく、お肌を清潔にすることと、低刺激であることも大切だからです。

特に乳児湿疹の中のあせもやニキビ、脂漏性湿疹においてはしっかりとお肌を清潔に保つことが重要といえます。

全てのベビーソープはお肌を清潔に保つという点ではクリアしていると思います。

そこで大切な事は洗浄力です。

洗浄力が強すぎるとお肌に必要な皮脂すらも奪ってしまい、お肌の乾燥を招く可能性があります。
そうならないためにも余分な皮脂汚れを落としつつ必要な皮脂を残して洗い上げてくれる保湿力の高いベビーソープがおすすめです。

さらにいうと、成分によるお肌への刺激もベビーソープ選びにおいて大切です。
なぜなら、赤ちゃんのお肌は大人よりも薄く、刺激に弱い特徴があるからです。

そのため、配合されている成分はなるべくお肌への負担とならないように厳選されたベビーソープであるほうがより望ましいのです。

乳児湿疹対策としてのベビースキンケアを選ぶ際には、ベビーローションだけでなく、
ベビーソープ選びにもこだわって選ばれることをおすすめします。

是非赤ちゃんのお肌を日々スキンケアによって健やかな状態に保ち、乳児湿疹などの肌トラブル対策をしてあげてください。

ベビーソープの選び方

ベビーソープ選びで押さえておきたいポイントをご紹介します!

選び方のポイントの紹介の前に心に留めておいて欲しいことがあります。
それは、大人の化粧品選びのように本人が使いたい化粧品を選ぶことができないという点です。
つまり、赤ちゃんの使うものはお母さんやお父さんが選んだものとなるということです。
それだけしっかりと赤ちゃんのお肌に直接使うものはお母さんやお父さんが選んであげて欲しいということです。

それではベビーソープ選びのポイントを紹介いたします。

まず、肌への優しさです。
赤ちゃんのお肌は大人のお肌よりも皮膚が薄くとてもデリケートです。
だからこそお肌への負担を考えて低刺激な成分で作られたベビーソープがおすすめです。

赤ちゃんのお肌に必要なものは保湿と清潔さです。
赤ちゃんは汗っかきなので汗や汚れなどはしっかりと洗い流した方がいいです。
そして、皮膚が薄く乾燥しやすい赤ちゃんのお肌は保湿力の高いベビーソープがおすすめです。

お肌に優しく、保湿力が高い、それでいて汗などはしっかりと洗い流す適度な洗浄力を持ったベビーソープを選びましょう。

また、赤ちゃんは何でも口に入れてしまう習性があり、もしベビーソープが口に入ってしまっても生分解性の高い成分で作られていればすぐに分解されるので生分解性の高い成分で作られたベビーソープもオススメです。

次は無添加です。無添加というのはある成分が入っていないということを意味していますので、どんな成分が入っていないのかを確認しましょう。無添加として挙げられるものとしては、着色料、香料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、旧表示指定成分、アルコール(エタノール)、シリコンなどがあります。赤ちゃんのベビーソープには無添加の数が多いほうが安心ですね。

最後に使いやすさです。
固形石鹸では動きまわる赤ちゃんを洗ってあげるのは一苦労です。
泡タイプで片手で簡単に使えるものがおすすめです。
また、泡が赤ちゃんの肌に残るのはよくありませんので、泡切れの良いベビーソープを選びましょう。

以上の3点を抑え、赤ちゃんにとってベストなベビーソープ選びをしてみてください。

おすすめベビーソープ

赤ちゃんに優しいベビーソープの条件

初めて赤ちゃんが産まれたら色々と準備しなければならないことがたくさんあります。

ベビーソープもその一つです。
大抵の方は産婦人科で使っていたベビーソープをなんとなくそのまま使ったりしているのではないでしょうか?

赤ちゃんが使うものを選べるのはママとパパだけです。
だからこそ、赤ちゃんにとって優しいベビーソープを選んであげるのも大切です。

では赤ちゃんにとって優しいベビーソープとはどのようなベビーソープでしょうか?
見るべき点は、【成分】【無添加】【使いやすさ】の3点です。
成分はどういった部分を確認すればいいのかといいますと、
まずは、お肌に優しい成分を使っているかどうかです。
成分を見てもわからないという方はベビーソープの場合は洗浄剤なので、洗浄成分を要チェックしましょう!
洗浄成分がラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの硫酸系と呼ばれる洗浄成分の場合は赤ちゃんへの負担が大きくなるので避けるべきです。洗浄成分は水の次くらいから3~4個程並んでいる成分となります。

また保湿成分も、赤ちゃんのデリケートなお肌に負担を掛けないよう、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどのお肌が元々もっている保湿成分がおすすめです。

さらに、成分はなるべくシンプルな方がいいと思います。
理由は成分の数だけ、お肌に合わない可能性が増えるということです。

成分についての最後になりますが、ベビーソープなどの洗浄剤はベースは水です。
ほとんどの場合は精製水が使用されていますので、違いはありませんが、
天然水などを使用しているものもあります。そういったベビーソープは水のミネラルや酸素、炭酸ガスなどお肌の状態を整える天然の栄養が含まれていますので、おすすめです。

無添加については、ただ無添加という言葉がかかれているかどうかを確認するのではなく、
どんな成分が無添加なのかまで確認しましょう!
着色料、香料、パラベン、鉱物油などなど無添加の対象となっている成分を確認します。

使いやすさについては、赤ちゃんを入浴させるのはとても大変な作業になりますので、
泡で出てサッと使える泡タイプのものがおすすめです。他にも洗い流しがないように泡切れが良いものを選びましょう。

以上の3点をベビーソープ選びのご参考にしてみてください。

おすすめベビーソープランキング

ベビーソープとベビーローションどちらがベビースキンケア選びで重要?

赤ちゃんのお肌のケアといえば、
洗うと保湿するの2つがあり、
洗うはベビーソープ、保湿はベビーローションやベビーオイルとなります。

ベビースキンケアをなぜ行うかというと、
なんとなく周りのママがしているからという場合もあるかもしれませんが、
基本的には乳児湿疹などの赤ちゃんの肌トラブル予防のために行います。

一般的に乳児湿疹ケアとして注目を浴びているのはベビーローションではないでしょうか?
なのでベビーローションの方がベビースキンケアにおいて重要!
というわけではありません。

結論からいうとベビーソープもベビーローションもどちらも重要であり、
それぞれの役割があります。

保湿という機能においてもベビーソープとベビーローションでは意味合いが異なります。

というのもベビーソープは基本的に洗い流すケアです。
お肌の余分な皮脂や汗、その他のホコリなどの汚れを洗い流します。

皮脂というのは乾燥を防ぐための保湿効果がありますが、
それを洗い流すのでベビーソープで洗うことは乾燥させやすいということになります。

ではベビーソープの保湿力というのは何かというと、
余分な皮脂は洗い流すけど落としすぎず、潤いを残すことです。

ベビーソープにも保湿成分は配合されていますが、
洗い流してしまうので、塗りっぱなしのベビーローションなどに比べると保湿成分による保湿力はどうしても劣ってしまいます。

ですが、皮脂を根こそぎ洗い流してしまう洗浄力の強いベビーソープではなく、必要な潤いを残して洗ってくれる優しいベビーソープであれば、入浴後の赤ちゃんのお肌の乾燥も防げたりします。これも保湿ですよね。

ベビーソープの目的はお肌の清潔にあるので、目的を果たしつつ低刺激で潤いを残してくれるベビーソープがおすすめです。

ベビーローションの場合は乳液タイプのものが多く、
水分と油分両方を持ち合わせているものが多くなっています。

水分をお肌の角質層に浸透させ、油分で閉じ込め乾燥を防ぐという機能です。

水分重視だと化粧水タイプになりますし、油分重視だとクリームタイプやオイルとなります。

赤ちゃんの肌はお風呂上りなどは特に乾燥しがちです。
潤いを残して洗い上げてくれるベビーソープを使っていたとしても皮膚が薄い赤ちゃんの肌は乾燥しやすい特徴があります。

なので、必要な潤いを補うためにベビーローションを使って保湿ケアしてあげましょう。

ただし、ベビーソープよりも配合成分には注意が必要です。
なぜならベビーローションはベビーソープと違い洗い流すものではなく、お肌に残るからです。

ベビーソープでも成分はとても大切ですが、ベビーローションはベビーソープ以上に配合成分に注目して選ぶことをおすすめします。

以上のことから、乳児湿疹などの肌トラブルを予防するためのベビースキンケアにおいては、ベビーソープ選びもベビーローション選びどちらも重要ということになります。

清潔を保つためのベビーソープと潤いを補うベビーローションはどちらも赤ちゃんのお肌を健やかに保つために欠かせない化粧品といえます。

赤ちゃんの乾燥しがちな肌をしっとり保湿する無添加ベビーソープ

赤ちゃんのお肌は乾燥しやすいのです。
そして、まだ完成されていないお肌だからとてもデリケート。つまり肌への負担に敏感です。

産まれて1ヶ月以内の新生児でも保湿は大切です。
新生児の場合は沐浴時に沐浴剤を使用することが一般的ですが、新生児の時からベビーソープを使う方もいるようです。それこそ新生児のお肌はよりデリケートなのでお肌に使用するものは肌への負担の少ない優しいものを選びましょう。

生後1年以内の乳児にはしっとりと潤うベビーソープと保湿のベビーローションでしっかりと乾燥肌対策をしてあげましょう。

お肌に乾燥はお肌にとって良くありません。
大人の方のニキビも直接の原因は皮脂の過剰分泌などですが、皮脂が過剰に分泌される原因の一つとしてお肌の乾燥が挙げられます。お肌が乾燥するから、なんとかしようとして皮脂を多く分泌するわけです。

そもそもお肌は潤いによって守られていますので、乾燥してしまうと刺激に弱くなってしまいます。
健やかなお肌の状態を保つためにも潤いと保湿は欠かせないケアです。

入浴時に使用するボディソープやベビーソープによって皮脂が洗い流されるので、入浴後は乾燥しがちになります。特に赤ちゃんに使うベビーソープはお肌に潤いを残してくれるベビーソープがオススメです。

さらにいえば、無添加であること、お肌に優しいことが一番です。
そんな潤いを残しながらお肌に優しく洗い上げてくれる無添加ベビーソープがドルチボーレです。

ベビーソープとベビーシャンプーは分けて使うものなのか疑問に思っている人も多いようですが、
基本的にはベビーソープは全身頭から足先までまるごと洗えます。

ドルチボーレの公式サイトはこちら⇒赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販サイト

頭皮の乾燥が気になるなら潤い溢れるマーガレットジョセフィンシャンプー

頭皮の乾燥が気になる!という方はシャンプーを見直してみることをオススメします。
頭皮が乾燥する原因はシャンプーだけではないかもしれません。

食生活や生活習慣が乱れていたり、ストレスの多い環境にいるとしたらそういったことも見直しをする必要があります。そういったことに心当たりがなく、頭皮が乾燥するのであれば、シャンプーが原因になっている可能性もあります。

シャンプーの洗浄成分の中には洗浄力や脱脂力が強い成分もあります。
そういった洗浄成分が配合されているシャンプーを使うことで頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、
頭皮乾燥の原因になっていることもあります。

だからこそ、頭皮に必要な潤いを残しながら優しく洗い流すことができるシャンプーがオススメです。

マーガレットジョセフィンのシャンプーなら、アミノ酸系の優しい洗浄成分を使用しているので髪にも頭皮にも優しく、潤いを残しながら洗い上げてくれます。

また、マーガレットジョセフィンのシャンプーに配合されているマリンコラーゲンが潤いをたっぷりと与えてくれ、さらには頭皮の環境を整えるSOD配合で頭皮を健やかに導きます。

赤ちゃんのお肌を守りたいから無添加ドルチボーレベビーソープ

乾燥はお肌にとって避けたいことです。

それは赤ちゃんからお年寄りまであらゆる方に言えること。

大人の敏感肌に合わせた化粧品などもたくさん販売されていますので、
大人の方がお肌がデリケートなのか?と錯覚してしまいそうですが、
赤ちゃんとかお年寄りの方がデリケートです。

赤ちゃんのお肌はまだまだ完成されておらずデリケート。
お年寄りは皮脂分泌が少なくなることで乾燥しやすくなるということでデリケート。

大人ばかりスキンケアをしていていいのでしょうか?
デリケートなお肌の赤ちゃんこそスキンケアに気を遣ってあげるべきです。
だからといってこれでもか!という豪華な美容成分たっぷりの化粧品を使う必要はありません。

お肌に優しく、必要な保湿力があれば充分です。

とはいっても、赤ちゃんのお肌は大人よりも乾燥しがち。
だから保湿ケアはしっかりとしてあげたいですね。

無添加ベビーソープのDolci Bolle(ドルチボーレ)なら
汗をいっぱいかいた赤ちゃんのお肌を優しくしっかりと洗い流します。
お肌に必要な保湿成分や特別な水がお肌に潤いを残しながらしっとりと洗い上げます。

オーガニックとか自然派とかアミノ酸系とか弱酸性とか色んなベビーソープがあるけれど、大切なことはそんなことではなく、お肌にとって優しいかどうかであるということが伝わってきます。

ドルチボーレはお肌への負担となりえる成分を配合していない無添加ベビーソープではありますが、オーガニックでもなければ、自然派とかそういうわけではありません。

自分に合ったシャンプーの見分け方とは

シャンプージプシーという言葉があるくらい
自分に合うシャンプーを探し求めて次から次へとシャンプーを買い替える人が非常に多くなっています。

世の中には敏感肌の方と健康肌で髪や頭皮のトラブルと無縁の人もいらっしゃいます。

ですが、シャンプージプシーの方のほとんどは髪や頭皮に悩みを持っているのだと思います。
納得して満足しているのなら買い替える必要もありませんよね。
中にはただの趣味で買い替える人もいるようですが。

髪や頭皮に悩みを持つ人にオススメのシャンプーは

とにかく髪と頭皮に優しく負担をかけない低刺激なシャンプーです。

健康的な頭皮の方はどんなシャンプーを使おうとあまり変化はありません。
敏感肌の方であれば、顕著に違いが表れます。
その為、低刺激なシャンプーを使う必要があります。

髪のトラブルの多くは頭皮に起因するものです。ダメージ毛などはカラーリングやパーマなども関係しますが、
たいていは頭皮環境を整えることで髪のトラブルは解決します。

では頭皮トラブルはなぜ起こるのかといいますと、
それはカラダの内側の健康状態が良くないか、外からの刺激であるシャンプーなどからの刺激が強いことによる頭皮の弱り、もしくはその両方です。

つまり、頭皮が弱っているからトラブルが起きやすくなるわけです。
弱った頭皮にはやさしくて負担の少ないシャンプーを使ってあげるべきです。
そうすることで髪と頭皮のトラブルの大半は解消されると思います。

そんなこといっても低刺激かどうかなんて見分けられない。
もちろん一般の方のほとんどはそうだと思います。
ですので、悩み別にシャンプーを紹介している専門サイト「シャンプーオンライン」がオススメです。

シャンプーオンラインのサイトはこちら⇒シャンプーの通販ならシャンプーオンライン

無添加自然派のアンナトゥモールはココが違う!

アンナトゥモールは無添加自然派の化粧品ブランドです。

その為アンナトゥモールの化粧品ラインナップはどれも低刺激でお肌に刺激の強い成分は使われていません。

アンナトゥモールの中でも特に人気の高いシャンプー&コンディショナー、そしてUVベースクリーム。
シャンプーはノンシリコンシャンプーでコンディショナーもノンシリコンですが、
これらは旧表示指定成分も無添加です。

実際に使用されたらわかると思いますが、
ノンシリコンとは思えない使用感です。まず泡がきめ細かいクリームのような泡。
洗い流した後もきしまずにしっとりします。

頭皮が敏感な方にはアンナトゥモールのシャンプーとコンディショナーがオススメです。
頭皮のフケや乾燥の原因には刺激の強い洗浄成分を使ったシャンプーを使用しているケースも多く、
低刺激なシャンプーに変えると症状が落ち着くという場合もたくさんあります。

このアンナトゥモールの中の特に人気のあるシャンプー、コンディショナーそしてUVベースクリームは
楽天市場などでもとても評価が高く、感想件数(レビュー数)も多い商品です。
たくさんの方に指示されている高品質な無添加自然派化粧品ブランドがアンナトゥモールです。

ニキビ跡消すのにおすすめの化粧品

最初にいっておきますが、化粧品でニキビ後は治りません。

そういった効果があるのは医薬品となります。

ではこのタイトルはなんなのかといいますと、

人には自然治癒力が備わっています。

ですが、それは正常な状態であるときに初めて働く力です。

お肌も健やかな状態であれば、お肌の持つ本来の力で回復が見込めます。

弱ったお肌ではそのような力は発揮されません。

つまり、このタイトルの表すことは化粧品によってお肌を健やかな状態に導き、お肌本来の力でニキビ跡消すということです。

それはだれでも必ずそうなるの?と思われると思いますが、

誰でも必ずそうはなりません。

個人差もありますし、ニキビ跡の状態にもよります。

ですが、このケアを行うことで嬉しいメリットはたくさんあります。

ニキビができにくくなる(ニキビ予防)、ニキビ跡が改善される可能性がある、お肌がキレイになる。

直接なとこでいうとこんなところでしょうか。

間接的にはお肌がキレイになることで自信を持てる。他の肌トラブルが改善される可能性がある。

カラダの健康面や美容面、精神面といったあらゆる部分で良い循環が訪れます。

それには薬で一時的にその場を治めるのではなく、根本的なケアを行っていく必要があります。

お肌の根本ケアでニキビ跡消すことを望みながら美肌も手に入れましょう!

ニキビケアについてもっと詳しく知りたい方はこちら⇒ニキビ跡消すおすすめ方法についての情報サイト